読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薔薇に隠されしヴェリテ〜ロベスピエール感想〜

 

こんにちは、りあです(*´◒`*)

 

f:id:RRRia39:20161007212252p:plain

今回はロベスピエールの感想を書きたいと思います!
やっとやっと本命に辿り着いたア゙ア゙ア゙ア゙ア゙(´;ω;`)!!長かった!!!長かった!!!
ダントン途中辺りからやりたい気持ちが爆発して叫びたくて仕方なかったです。
いや、twitterで叫んでました( ˘ω˘ ) スヤァ…


ロベピたんの事は自前に結構調べてたんですけどまさか何万人を死刑台に送った人だとは思わなくて(ヴェリテの方の)ロベピたんを見ながら頭抱えてました。

クロエさんの宿で食事している時にリーゼが言い間違えて「自分を好きにさせてみせる!」って言うんですけどそれを勘違いして「お前俺の事が好きだったのか…言ってくれれば考えてやらなくもなかっry((」みたいな事を一人でボソボソ言ってるんですけどそれが言い間違えだと知って「お前俺を騙したな!!!」って怒るロベピたん( ˘ω˘ )
それ以降恋愛馬鹿】ってあだ名付けられていつまでも根に持つ案件(笑)
意外と純粋な男だった可愛い( ^o^)Г☎チンッwwww

 

ロベピたんは出会った時は凄く疑われたし結構グサグサ言われたりするんですけど意外と面倒見が良くて優しいんですよね(´;ω;`)
舞踏会の時はリーゼの事を叩いたアントワネットに「またあいつを叩いたらいくら王太子妃でも容赦しない」って言ってくれるんですよねヽ(;▽;)ノ

 

でも!!!でも!!!残念なことに中身リーゼなんだなぁ/(^q^)\/(^q^)\/(^q^)\

 

「違います!私は叩いていません! 叩かれた...違っ、えっと...はい、叩きました」
には笑ってしまったwwww

あと泣いてた時に船に誘ってくれたり;;;;
目から水が出てたからっていう理由で連れ出してくれたんですよね(´;ω;`)
「......あんまり泣くなよ」にりあ氏死亡。


あと!!!あと!!!
初めて名前を呼んでくれるところが好きすぎて!!!!
ピは押しに弱い(b゚v`*)
でもこの日の記憶はなくなっちゃうんですよね...
だからリーゼ自身は9章か最終章くらいでやっと名前呼んでくれたあぁあぁああってなるんですよねヽ(;▽;)ノ
4年経っても相変わらず恋愛馬鹿呼び。
馬鹿って言われるのが大好きな私にとってはただのご褒美にry(((
でも中々言ってくれないからこそいざ呼んでくれた時の破壊力が本当にやばかった;;;;

家出した時にリーゼがピを迎えに行くシーンも好きなんですよね*( ˆoˆ )/*
帰らない!!!って言った割にはリーゼに
ロベスピエールさんが居ないと寂しいですし...」言われたらあっさり帰り支度するピが可愛すぎる.˚‧º·(´ฅωฅ`)‧º·˚.
チョロい...チョロいよピ.˚‧º·(´ฅωฅ`)‧º·˚.

クロエさんの宿の時も言い争いでリーゼが泣いちゃった時も「俺が謝ったら泣き止む可能性はあるか?」みたいな事を言って「あります」って答えたらすぐ謝るチョロさ!!!

どうしようピの感想好きとか可愛い無理ぐらいしか感想書けなくて困った/(^q^)\
実はルイの感想のが先に書き終わってる現実。
好きだからこそ感想書けないパターンかな!うんうん!!

 

ピの√はダントンのお話と道筋は同じような感じで進んでいきます。違うのはリーゼが侍女を続けてるか辞めてるかぐらいかな。
ちなみにピの√はまだ侍女を続けてます!
なので民の暴動でチュイルリーに移動するまでルイやアントワネットと一緒にいるんですよね。
そしてなんと今回はヴァレンヌ逃亡はせずメルシー伯と一緒に置いてかれる展開でした。

それからリーゼはピ、サン・ジュストと一緒にロゼールの屋敷に住む事になります。
ピ√はダントンよりも政治要素が強くて結構詳しく書かれてましたね。

そしてルイの処刑前にちゃんとリーゼをタンプル塔に連れて行ってくれるんですよね。
そこでのルイとピの会話がすごく好きです。


「一番理解して欲しい奴に理解されない気持ちが分かるか? 何万何十万の民を救った所でたった一人に理解されない苦しさが分かるか!?」
「誰が好き好んで人殺しをしていると思ってる?! そうしなければならないからだ!」
この台詞が凄く心にグッてくるんですよね(´;ω;`)
自分のしている事はリーゼを傷つけることになると分かっていても自分の決めた信念を貫く彼の性格に本当に惚れました。

 

そしてリーゼを突き放すんですけどサン・ジュストがいい仕事をしてくれて2人がやっと本音で話し合うんですよね。

 

そんな直後ロベスピエール反対派によっ逮捕状を出されて撃たれて捕まってしまうんですよね(´;ω;`)
重症なのに1日持てばいいとろくに手当もしてもらえないという;;;;

 

あの幻ってロゼールが見せたの...かな?
4年前のピと現在のピが夢に出てきます。
「起きたら会いにこい。王妃が居た場所に居る。諦めない、逃げない、覚悟を決める...だったな。俺からは行けそうもない。...だから早く来い。」
と言う言葉を聞いてリーゼはコンシェルジュリーに会いに行くんですよね。゚( ゚இωஇ゚)゚。

 

そして2人は再会します。
看守と見つめ合ってるのは絵面的に笑ってしまうんですけどそんな状況じゃないという;;;;
そしてリーゼはピに身代りの薬を置いて行くんですよね...

 

リーゼから貰った身代りの薬は捨ててしまうのですがそのあと来たロゼールとエルザによって生き延びます。
ロベスピエールの身代りになったのはロゼールだったんですけどなんで彼がここまでしたのかあんまり理解できなかったんですよねもやもや:;(∩´﹏`∩);:

 

後日談の後日談の教会のスチル本当良かった(´;ω;`)
「結婚は出来ないが残りの命をお前と共に使う事なら出来る。その誓いをしたかった。」
「お前をこれからずっと愛してやるから、お前もずっと俺を愛する事を約束しろ。」
って台詞がもう;;;;
最後のありがとうの言い方も凄く良かった。゚( ゚இωஇ゚)゚。
もどかしい感じなんだけどこれから先2人で幸せになって欲しいと願わずにはいられなかった...


書けない書けない言ってた割には意外と書いてましたね( ^q^ )
終わった頃にはマクシミリアンマクシミリアンマクシミリアン言ってたのですが今はピで落ち着いてます。
ダントン√では完全に傍観者だったリーゼだったけどピ√では支えてたりしてたのでそこは良かったと思うんですけどやっぱり共感は出来ないんですよね。゚(゚^o^゚)゚。
少しでもピがどんな事を思って行動してたのか考えて欲しかったかな!理由もなくそんなことする人じゃないって分かってたはずだし...


さて、次はルイの感想を書きたいと思います!
もう書き終わってはいますので今日中に載せちゃいますね(人●´ω`●)